大正14年(1925年)9月30日、山口県大島郡森野村和佐(現・周防大島町和佐)に生まれる。本名、有近哲郎。
開導小学校、安下庄中学校(現・周防大島高等学校)を経て、子供の頃から憧れた高級船員を目指し、高等商船学校(現・東京海洋大学)に入学。昭和21年に卒業。日魯漁業(現・ニチロ)のトロール船「第6あけぼの丸」に乗る。2年後、腎臓結核を発病、下船して摘出手術。以後4年間の闘病生活に入る。同人誌、文芸誌への投稿、家庭教師などに活路を見出す。
昭和27年(1952年)、雑誌「平凡」の募集歌に入選した「チャイナの波止場」、昭和30年(1955年)、同人誌「新歌謡界」に発表した「むすめ巡礼」、昭和32年(1957年)、横浜開港100周年の歌募集で「浜っ子マドロス」「みなと踊り」が1、2位当選。作詞家への道を開いた。
昭和33年(1958年)、遠縁で幼なじみの有近朱實と結婚、後に一男一女に恵まれる。同年、日本コロンビアと専属契約、昭和39年(1964年)には日本クラウンの創設に参加し専属契約、その後昭和58年(1983年)にフリーとなり、現在までに創作した作品は4,000を超え、数々のヒット作を世に送り出してきた。
代表作には「思い出さん今日は」(島倉千代子)、「恋は神代の昔から」(畠山みどり)、「アンコ椿は恋の花」(都はるみ)、「三百六十五歩のマーチ」(水前寺清子)、「昔の名前で出ています」(小林旭)、「風雪ながれ旅」(北島三郎)、「兄弟船」(鳥羽一郎)、「女の港」(大月みやこ)、「雪椿」(小林幸子)、「みだれ髪」(美空ひばり)等々。
日本音楽著作権協会会長、日本作詩家協会会長などを歴任、功績が称えられ、昭和61年(1986年)に紫綬褒章、平成12年(2000年)には勲三等瑞宝章を受章。
■写真:荒牧万佐行